JPSMSに取り組む目的とは?



JPSMS(持続可能マネジメントシステム)は、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」SDGs 「持続可能な開発目標」17目標の中で、2「飢餓をゼロに」、6「安全な水とトイレを世界中に」、7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」、9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、11「住み続けられるまちづくりを」、13「気候変動に具体的な対策を」、15「陸の豊かさもまもろう」、17「パートナーシップで目標を達成しよう」の8つの目標達成が可能です。